水道管直結タイプのウォーターサーバーが登場

バナー

水道管直結タイプのウォーターサーバーが登場

ウォーターサーバーといえば、従来はリターナブルボトルをセットして使う方式が一般的でした。


しかし、オフィスで利用する場合に比べて、リターナブルボトルを使い切るまでの期間が長くなると、水を使用した時の空気に含まれるわずかな雑菌が原因で、品質保持期間が短くなることが問題でした。



エアフィルターを導入しても根本的な解決にはならなかったからです。



ワンウェイボトルに切り替えることで、ウォーターパックに空気が入らない方式が採用されて、安全性重視の利用客を中心にウォーターサーバーは空気が還流しないタイプに切り替わりました。

しかし、配送料が実質的に含まれた料金体系では、天然水を利用するためには適していましたが、RO水を求める場合には海外で導入されているように水道管直結タイプが経済的だったのです。

一般家庭では、ウォーターサーバーが設置される場所はキッチン周りが多いので、水道管を分岐してウォーターサーバー本体に取り付ければ、逆浸透膜濾過方式により綺麗で安全な水が好きなだけ利用可能となります。

ウォーターサーバーのレンタル代金を負担するだけで、毎月定額制で安全で美味しい水が使えるので、ボトル式から水道管直結タイプへの切り替えが進むと考えられています。

天然水を利用するならば、ウォーターパック方式を利用して、RO水ならば水道管直結タイプを選択すれば良いわけです。

求める水に合わせて、住み分けが進んで行くことになるでしょう。