ウォーターサーバーはもともとは業務用専用だった

バナー

ウォーターサーバーはもともとは業務用専用だった

ウォーターサーバーは今でこそ一般家庭に普及しつつありますが、以前は業務用として活用されていました。


美容整形やエステサロンで見かけた方は多いでしょうが、友人の家に遊びに行ってウォーターサーバーの水を出された方はほとんどいないでしょう。
日本はもともと水道水の水質がよく、ウォーターサーバーは不要だと考えられていましたが、震災などの影響によって必要性を感じた方が少なくありません。



綺麗な水を用意することが難しくなり、店舗でミネラルウォーターを購入するのも難しい状態となりました。

その結果、ウォーターサーバーを導入したいという方が増えて普及に至ったわけです。



現在における普及率はまだ数%程度ですが、今後は確実に上がっていくと予測されています。海外では数十%の普及率が当たり前であり、特にアメリカでは重宝されています。水道水をそのまま飲める国というのは、世界的に見てもかなりめずらしいのです。

一般家庭用のウォーターサーバーは軽量コンパクトタイプが多く、ボトルは12リットルタイプが人気となっています。



大容量になるほど交換の頻度を減らせるメリットがあり、以前より交換しやすくなったのも大容量タイプが選ばれる理由でしょう。


最新タイプは女性も簡単に交換できるものが多く、ひとり暮らしの女性が導入するケースも増えてきています。


新鮮で安全な水を飲むことは健康・美容にもよいことであり、特に生活習慣が乱れている方こそよい水を飲むべきなのです。